読書百冊意自通ズ覚書

本について考えさせられたことの記述及び感想を掲載中。
日々における捕らぬ狸の皮の足跡&呟きも。

CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • #025 十二の遍歴の物語
    K (09/28)
  • #025 十二の遍歴の物語
    Yuko (09/11)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (10/26)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    海音 (06/13)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    k (12/01)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    可恋 (12/01)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (03/27)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    千砂 (03/27)
  • “神がかり”的な― THE DARK KNIGHT
    K (02/25)
  • そうか!だから夏目でにゃんこで先生か!!
    K (02/25)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH


<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Information
[Read Me!] はじめてお越しの方は必ずお読み下さい。
覚書一覧:The Schedule of notes/Update HistoryLinkについて
Last Update: 10/4, 2013
Travel report in New York 2013

最近読んだマンガ・ラノベはFacebookにて。基本オススメ作品です。
<< 10th Anniversary | main | スカイフォールに関する覚書 ―― 過去との決別、新たな00へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | - |- | - |
Travel report in New York 2013
 年ぶりの海外旅行に行ってきた。パスポートの期限が切れていたというくらいの久々ぶり。帰りの機内で記録をつけたので、忘備録がわりにアップロードしたいと思う。
 それでは、以下。


Sat. September 21, 2013@ New York
NY一日目。
午後、予定より一時間ほど早く、ジョン・F・ケネディ空港に到着。外は少し曇っているか。晴れ間もある。
現地添乗員に連れられ、大型バスでホテルへ。途中、ヒルトン、ウェスティンなど、高級ホテルに宿泊する客を下ろし、57th StreetにあるHoliday Inn Midtown に到着。
各ホテルに寄る際通った、タイムズスクエア辺りの混み具合といったらない。道が想像以上に狭いからか。
バスから降り立った感想は「NY、臭い」だった。後からわかったが、NYの道は馬車が通るからのようだ。獣の臭いがする。
ホテルは古いが立地はまぁまぁ。
部屋は9階、角のせいかフリーのWiFiの調子がすこぶる悪い。おかげでこちらで会う予定にしていたSさんと連絡が上手く取れない。連絡手段が無計画過ぎたかと反省するも、水を買いに行って戻ると無事連絡が取れる。でもSkypeはできず。メールでやり取りした。
Sさんがホテルに来てくれることになり、ロビーで待ち合わせ。
お腹が空いたとColumbus Circle近くのお店にテキトーに入る。入ってからアジアフードの店だった事が判明したほどテキトーだったが、アタリの店で美味しかった。一反木綿のような麺のパッタイをオーダーした。食べながら、先に上陸してたSさんにNY情報を色々と聞く。
その後、夜のエンパイアに行きたいというSさんに連れられ、エンパイア・ステート・ビルへ。エンパイアは午前2時まで営業しているというから驚きだ。
正面入口に行く途中でなにかを売りたかったらしい案内人に捕まり、途中で放り出されたせいでチケット売り場まで散々迷う。ここでSさん推奨のCity Passを購入。考える時間もなく勢いで買ってしまったが、ここでパスを買わなければ、この後色々回らなかっただろう。
エンパイアは空いていて、スムースに上がる。
外は曇っており、見晴らしが悪く、とんでもなく風が強かった。だから空いているのかもしれない。まぁそれも面白いだろう。
高いところが苦手という同行人の友人Cは、ほとんど外に出なかった。悪い事をした。
翌朝の約束をして、Sさんと別れる。
着いたばかりで、我々にしてはありえないくらいアクティブな半日だった。Sさんがいなければないスケジュールだっただろう。
NYの印象は、意外と道が狭く、ビルが聳えるように立ち並んでいて、ゴミゴミして汚い。という感じ。
疲れもあって夜は爆睡した。

Sun. September 22, 2013
NY二日目。晴れ。
ホテル近くのスタバで朝ごはん。NYは至る所にスタバがある。
夜、 Columbus Circleのホールフーズマーケットで食事購入。スープを買ったが、遅かったので 種類が少ない。本当はクラムチャウダーがよかったが、ないのでアップルとポテトのポタージュにする。ポテトポタージュの味がメインだと思っていたが、恐ろ しくマズイ。こういうところでいつも失敗するんだよな。
諸事情により二日目の詳細は割愛。

Mon. September 23, 2013
NY三日目。晴れ。
午後の便で帰国するというSさんと、Sさんが来る時も連れて来たという女の子も一緒に、四人で59th StreetのSarabeth'sで朝ご飯。8時オープンなのだが、その前から人が並んでいた…。どこでも並ぶのだな。
しかし店内は広く、すぐに入れる。内装もおしゃれで、素敵なお店だ。
私はフレンチトーストを頼んだ。期待してなかったが、ウマイ。驚き。
Sさんたちと別れ、メトロポリタン美術館へ向かうも、めちゃくちゃ寒い。59thから美術館のある82thまで、凍えながら歩いた。
ガイドブックには9:30オープンとあったのに、10:00オープンらしく待つ。9:30オープンだったらちょうどよかったのに。
メトロポリタンはさすがに広く、とても見きれない。
近代絵画→中世絵画→日本→古代ギリシア・エジプト→現代絵画でギブアップ。しかし名画を見たぞ。中世の絵画は宗教画ばかりでつまらん。
どうやら友人Cがこの辺りで風邪を引いたらしく、美術館を出てセントラルパークを歩くも、調子が悪くなり休息を取る。
セントラルパークのどこか端の辺りの芝生に寝転び(寝転んだのは私だけ)、30分ほど休憩する。
それから、トップ・オブ・ザ・ロックへ。発券してから時間まで待たされることに驚く。お茶しながら待ち、簡単に食べる。
発券にも並び、時間まで待ち、入口に行っても待たされる。エンパイアがスムースだったので、こんなに待たされるとは思わなかった。
天気もよかったので、屋上の眺めもよい。しかし、観光客って多いんだなぁ…。
当然、降りるのにも並んだ。疲れた。
近いのでホリスターへ行く。ホリスターでも入るのに並ぶ。びっくりだ。
ハ ワイと違って品数が豊富で、パーカーとシャツを買う。しかし、観光客らしき若い外人のおなごが友達同士で取っ替え引っ替え試着を繰り返しているので、試着 にもえらい並んだ。会計にも並んだ。すごい列なのに若い店員がくっちゃべって、どうしようもない。日本だったらあり得ない光景だろう。
ホリスターの隣のUNIQLOを冷やかし、帰途につく。
夕ごはんは疲れたので、帰りがけにホールフーズマーケットに寄る。
クロワッサンのツナサンドとクラムチャウダーでリベンジ。クラムチャウダーは外れなかったよ…。
クロワッサンがでかくて満腹に。
ちょっと早めに寝られる。




Tue. September 24, 2013
NY四日目。晴れ。
スタバで朝ごはん。レジのスタッフに日本人?と聞かれ、日本語で話しかけられて驚く。長崎にいたそうだ。名前を聞かれて答えると、「オー、○○○〜」と嬉しそうにしていた。こちらのスタバは間違いがないようにカップに名前を書くのだそうだ。
本日はNY、いや、アメリカの象徴である自由の女神を拝みに行く予定。
地下鉄1番線で終点South Ferryへ。駅で迷う。
バッテリー・パークで並んでいる人に続いて行くが、フェリーに乗る直前で島に行く便だと判明。Sさんの勧めもあって、島には行かずに、ブルックリン・ブリッジの近くまで行く、セミクルーズに乗ろうとしていたのに。
しかし乗り換えはできなさそうだし、セミクルーズの乗り場もよくわからないので、急遽スタチュー・クルーズへ変更する。
予約していなかったのでスタチューには登れなかったが、なかなかよかった。島でランチ。
お土産屋さんで適当なお土産を発見し、買いまくる。ツリーオーナメントのスタチューも買い、個人的には島で大変満足した。
その後、スタチュー近くのグラウンド・ゼロへ。
バスに乗ろうとSouth Ferry駅に行くと、スタチュークルーズのチケット売りらしきのお兄ちゃんに話しかけられ、歩いて20分くらいで行けるよと言われて歩くことにする。チケット売り買ったんだろうに、親切でした。
グ ラウンド・ゼロ(現地では、今でもワールドトレードセンターと言うらしい)へは、かのWall St.を通れ、オマケでラッキーだった。道理で辺りにビジネスマンが多い。しかし、ニューヨーカーは意外にタバコ好きだ。そこかしこで吸っている。歩きタ バコも多くて、煙い。ウォール街でもビルの入口にたむろし、みんなスパスパタバコを吸っていた。お前ら仕事しろ。
ワールドトレードセンターに着く。ここでも列、そして並ぶ。
Sさんに教えてもらったのに、あらかじめチケットをもらうのをすっかり忘れていた。そして寄付は確かに強制的だった。
セキュリティチェックを終え、ようやく中へ。それにしても、観光名所はどこも並ぶものだ。
モニュメントは高いものではなく、地下に深いものだった。その、水が流れ落ちる井戸のようなモニュメントに、癒しーー慰霊は万国共通で水なのかもしれないと感じながら、祈りを捧げ、後にした。
途中、トイレ目的でセンチュリー21寄り、お土産用に買おうと思っていたヤンキースのキャップをゲットできる。それにしてもセンチュリー21がめちゃくちゃ混んでいて驚いた。みんなお安いものが好きなのね。ええ、私もですよ。
ブロードウェイの前に、Cが行きたいというユニオン・スクウェアの雑貨屋さんへ。缶切りを発見し購入。
お腹が空いたので、ブロードウェイまでの道中にある、大戸屋NY店に入る。
日本よりちょっと高級志向で、値段も高い。でもサービスが日本っぽくて、日本の「O・mo・te・na・shi」文化スゲーと改めて思う。店に入って手拭きが出てきたのは、とりあえずここだけだぜ。
満腹になり、19:30までに行けばいいというウィキッド劇場に19時過ぎごろ着く。しかし全然人がいない。ウィキッドは人気ないのかね、と言っていたが、なんのことはない、遅刻していたのだ!
チケットを交換すると、"already started"と言われてビックリ。急いで劇場内に。しばらく待って、ようやく席に案内された。一幕分立ちっぱかと思ったので、ホッとした。
聞いていた通り、一幕の終わりのエルファバは圧倒的で、演出も幻想的で素晴らしく、とてもよかった。
エルファバもすごくよかったけど、すごいと思ったのはグリンダの役者さん。
最初は、可愛くて歌が上手いから演ってるのかと思ったけれど、コミカルで笑わせるし、演技が上手い。
外見も、声の可愛い感じも、コミカルさもなにもかも、とにかくよくこんなハマり役がいたと感心するくらい、グリンダそのものだった。
エルファバもイメージ通りだし、どの役もキャストがすごく合っている。歌も踊りもみんな上手い。声量があって、迫力満点。
最後はスタンディングオベーション。会場の熱気もすごくて、もうホント勢いで立ち上がるって感じだった。
ウィキッドの劇場からホテルまで歩いて帰る。意外と近かった。NYは本当に歩く街だ。




Wed. September 25,  2013
NY五日目。晴れ。
相変わらずCの調子が悪い。自然史博物館とMoMA両方は難しいというので、自然史博物館に絞ることにする。
前日のウィキッドがよかったので、オペラ座も観たいねということになる。朝、いつものスタバでオペラ座のサーチ。ホテルのWiFiの調子が悪いので、スタバのWiFiでチェック。
タイムズスクエアのtktsで10時から水曜14時スタートのチケットが販売されるようなので、そこに向う。タイムズスクエアには行きたいけど、時間がないから行けない感じだったので、ついでに行けることになってラッキー。
チケッツは同じようにチケットを求めるツーリストで長蛇の列だが、30分ほどでオペラ座のチケットをゲット。オーケストラ席で50%Disの68ドル。安い!
そのまま自然史博物館へ向う。
あまり時間がないので、無料で見られるプラネタリウムと、Cが見たいという化石に絞って鑑賞。恐竜の化石がすごかった。海洋生物の巨大化石が宙に浮いてて、圧巻。こういう演出は実にうまいなぁ。
プラネタリウムというので、キラキラ満点の星空が見られるのかと思っていたが、太陽と宇宙の歴史という内容だったのには苦笑い。想像と大違いだった。アメリカ人のプラネタリウムはこれなのか。
急いでオペラ座の劇場へ。昨日のように遅れませんように〜。
オペラ座はウィキッドよりストーリーもわかっているし、期待していたけど、個人的にはウィキッドの方がよかった。もちろんオペラ座もブロードウェイはすごい。正直、もう劇団四季は観れないかもしらん。
クリスティン役の人も上手いのに可愛くて、歌と踊りが上手いだけじゃ、このブロードウェイでは主役にはなれないんだと思った。残酷なり。競争の激しい世界だ。
劇場が古い建物のようだがとても豪華で、オペラ座の雰囲気作りに一役買っていた。
14時からの回だったので、16:30には劇場を出られる。17:30までのMoMAでゴッホだけ観ようと頑張って行く。すぐに見つけられるか心配だったけれど、人だかりですぐに見つかった。
印刷などで見ていた絵より、本物は青みが少なく、ずっと優しい色使いの絵だった。
時間の限り、ついでに有名アートを目撃。(鑑賞とは言えない)ピカソやマチス、ウォーホルが見られてよかったな。
疲れつつも、アバクロに行く。ハワイではホントになにもなかったので、品揃えがありがたい。試着し、購入。暗くて店の出口がわからず、出るのに迷ってしまった。
疲れもあり、夜は初日に行ったアジアフードの店へ。人気店らしく、今日も混んでいる。
フォーのスープに胃が満たし&癒される。
いよいよ明日は帰国。道中、木曜日9時〜のglee season premiumの広告を発見、あと一日早いか遅いかしたら見られるのに、残念!がる我ら。
"All you need is love"と銘打たれ、ビートルズをやるようだ。finnの追悼だろうか。



Thu. September 26,  2013
NY六日目、帰国日。晴れ時々曇。
昨日の夜になって、Columbus Circleの駅ビルでプレゼントがもらえることを思い出し、朝食がてら向うことにする。
Hearstビルの一階のデリで朝食。サーモンベーグルがすごく美味しくて感激。
ベー グルはクリームチーズにスモークサーモン、スライストマトにスライスした紫玉ねぎが乗っているもの。帰ってうちでも作りたいが、何か特別な味付けをしてい るのだろうか。それとも、クリームチーズが美味しいやつなのだろうか。スタバでベーグルについてきたクリームチーズも美味しかったし、チーズがウマイ国 だ。
駅ビルで目的のプレゼントをもらう。ボールペンかと思いきや、不織布のショッピングバッグだった。使えねぇ。ボールペンだとしてもそれもいらないが。
ついでにホールフーズマーケットに寄り、最後のお買い物。瓶入りのココアを、カラ瓶も可愛く使えそうなのでチョイスした。もう少し軽ければお土産にいくつか買ったのにな。
ホテルに戻りチェックアウト。ロビーで迎えを待つ。
ロビーでWiFiがサクサク使えることに今頃気がつく。電波が悪かったのは、やはり部屋が端だったからだろうか。
家族からのメッセージを受信。連絡がないので、どうしたのか心配していたようで、申し訳ない。昨日ようやくメールが届き、返信しておいたけど、もっと早くスタバでメールしておけばよかった。お詫びのメールを送る。
JTBの迎えがきて、一路ジョン・Fケネディ空港へ。23日から国連会議が始まり、今週は殊更道が混んでいるという。国連関係の車用に道の真ん中の道路を空けているらしい。それで混むのだろうか。
それでも一時間弱で到着。デルタのチェックインタッチパネルは簡単で便利だ。
席 は四列の真ん中二つ。右側には外人のおじいちゃんが。これがすごくデカイおじいちゃんで、エコノミーは狭そうだ。案の定、寝ていると腕や足をぶつけられ、 目が覚めてしまう。おまけにヘッドホンからの音漏れがうるさい。静かになったので、音量を下げてくれたのかと思いきや、銃撃戦のシーンではまたもや音漏 れ。なんのことはない、単に映画の音量が低くなっただけだった。
長き13時間のフライトを終え、成田に到着する。
バスで地元駅まで帰り、無事に帰宅。
さぁ、日常に戻ろう。
|K | spoor & twitter |comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
|スポンサードリンク | - |- | - |









http://vignette.jugem.jp/trackback/297
permission
当ブログに含まれる内容、データの無断転載・転用の一切を禁じます。
Please do not use any texts and images on your site without permission.

Number
 

PROFILE
Contact me
webmaster's email address is as follows;
vignettek☆gmail.com

*when you send email, please replace ☆ by @.
*If you have any feedback, please feel free to write to me.

LINKS
OTHERS
Ranking


Facebook
SPONSORED LINKS