読書百冊意自通ズ覚書

本について考えさせられたことの記述及び感想を掲載中。
日々における捕らぬ狸の皮の足跡&呟きも。

CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • #025 十二の遍歴の物語
    K (09/28)
  • #025 十二の遍歴の物語
    Yuko (09/11)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (10/26)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    海音 (06/13)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    k (12/01)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    可恋 (12/01)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (03/27)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    千砂 (03/27)
  • “神がかり”的な― THE DARK KNIGHT
    K (02/25)
  • そうか!だから夏目でにゃんこで先生か!!
    K (02/25)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Information
[Read Me!] はじめてお越しの方は必ずお読み下さい。
覚書一覧:The Schedule of notes/Update HistoryLinkについて
Last Update: 10/4, 2013
Travel report in New York 2013

最近読んだマンガ・ラノベはFacebookにて。基本オススメ作品です。
<< #104 文学全集を立ちあげる | main | #053 ユダヤ人は有史以来 パレスチナ紛争の根源/上下 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | - |- | - |
#107 半日の客 一夜の友
 人の対談が100回を超えていた(!!)ということが今回わかり、本当に驚いた。対談は何冊も読んでいるし、相当やっているだろうということは考えるまでもないけれど、100回を超えているというのはさすがに脅威の数字だろう。そして真に驚くべきは、回数もさることながら、この回数で保たれている内容のクオリティの高さである。要するに一言で言うと、「何者やあんたたちー!」つうことだ。うむ。
 今回も相変わらずスバらしく高尚な対談が、各テーマで繰り広げられている。すでに感心を通り越して呆れるほどのクオリティだが、その中でちょぴっと安心したこともあった。
 それは、本文中に丸谷が「対談のために何冊も資料を読んで準備する。一体何冊の本を読んだことか…」というようなことを言っている部分である。
 私は、まずドーンとテーマがあって、パッと対談しているのだ、と漠然と想像していたのだ。それだけでこんな風に語れるなんて、この人たちの知識量は恐ろしいほどだ、マジで脳みそどーなっとんねん…と思っていた。
 そんな二人が 、実はテーマのためにちゃんと資料を読んで準備し、その結果としてこの対談のクオリティだったのだ!と知ってすごくホッとしたのである。
 やっぱり多少なりとも準備しているんだ、全ー部最初から頭の中に入っていることだけじゃなかったんだァ…。ホッ。
 要するに、凡人の安堵にほかなりません。ハイ。ま、例え準備していたとしたって、その辺の人にできるような対談じゃないけれど。

 もう一つ印象的だったのは、二人が司馬遼太郎との対談の話題になった時、司馬遼太郎をものすんごい先生!として扱っていないこと。
 なぜそう思ったかというと、宮城谷昌光の『春秋の名君』#1に司馬遼太郎との思い出話が出てくるのだが、それが一度直接会って話したこと、ハガキをもらったことを生涯の宝としている、という話なのだ。宮城谷は司馬遼太郎のものすんごいファンのようで、それは読む限り、崇めていると言っても過言ではないくらいだ。#2
 ある一作家(宮城谷)にとってはこれほど神々しい存在である司馬遼太郎が、この丸谷山崎両名にとっては「始めから安心して対談できる相手って二人しかいないんですよ。一人は丸谷さんで、もう一人は司馬遼太郎さん。」(p. 392)という相手なのである。
 これは年齢の差ということもあるだろうけれど、やはり丸谷(&山崎正和)は、文学界では大御所ということなのだろう#3、と思われる。
June 5, 2012


notes
#1:
この本は春秋時代の名君の小伝と、作者のエッセイから成っている。

#2:
本人はそう言ったら不本意かもしれないが。

#3:
丸谷が本年(2012年)10月に帰らぬ人となり、その際、それが証明されていたように思う。


|K | [Domestic]丸谷 才一/山崎 正和 |comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
|スポンサードリンク | - |- | - |









http://vignette.jugem.jp/trackback/294
permission
当ブログに含まれる内容、データの無断転載・転用の一切を禁じます。
Please do not use any texts and images on your site without permission.

Number
 

PROFILE
Contact me
webmaster's email address is as follows;
vignettek☆gmail.com

*when you send email, please replace ☆ by @.
*If you have any feedback, please feel free to write to me.

LINKS
OTHERS
Ranking


Facebook
SPONSORED LINKS