読書百冊意自通ズ覚書

本について考えさせられたことの記述及び感想を掲載中。
日々における捕らぬ狸の皮の足跡&呟きも。

CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • #025 十二の遍歴の物語
    K (09/28)
  • #025 十二の遍歴の物語
    Yuko (09/11)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (10/26)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    海音 (06/13)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    k (12/01)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    可恋 (12/01)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (03/27)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    千砂 (03/27)
  • “神がかり”的な― THE DARK KNIGHT
    K (02/25)
  • そうか!だから夏目でにゃんこで先生か!!
    K (02/25)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH


<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Information
[Read Me!] はじめてお越しの方は必ずお読み下さい。
覚書一覧:The Schedule of notes/Update HistoryLinkについて
Last Update: 10/4, 2013
Travel report in New York 2013

最近読んだマンガ・ラノベはFacebookにて。基本オススメ作品です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | - |- | - |
#028 坊っちゃん
 画やTVなどでずいぶん映像化されているので、どうもそのイメージが強かったようです。そのどれひとつとして見たことはないのだけれど、断片的な映像を見て誤った情報としてインプットされていた。インプットする時、自分で間違えていただけなんですけどね。
 だって山嵐ってワルモノだと思ってたし、マドンナって坊ちゃんが赴任した先の学校にいるみんなの憧れの美人先生だと思っていたし、生徒と紆余曲折しながらさながら金八先生のように(時代は逆ですが)信頼関係作っちゃうような話だと思ってたもんなー。
 全然違いますね。(沈黙)

 解説の平岡敏夫さんが言っているせいかもしれませんが、坊ちゃんは哀切感をにじませて、涙なくしては読めない(P.171参)と私も思う。何だかずいぶん、切ない。特に清のことが出てくると、それはもう、切ない。何だかずいぶん、想像と違う。
 親に愛されなかった坊ちゃんが、愛しんでくれる清を大切にし、結局東京へ帰ったり、そのあと月給が安い職につき、しばらくして清は逝き…坊ちゃんの性格が真っすぐであればあるほど、赤シャツの狡猾さや生徒たちの心ない行動に悲しくなってしまう。
 いつの時代も正直すぎる人、真っすぐな人には、世の中というものはどうも生きにくい。
October 16, 2001


|K | [Domestic]夏目 漱石 |comments(0) | trackbacks(0) |
permission
当ブログに含まれる内容、データの無断転載・転用の一切を禁じます。
Please do not use any texts and images on your site without permission.

Number
 

PROFILE
Contact me
webmaster's email address is as follows;
vignettek☆gmail.com

*when you send email, please replace ☆ by @.
*If you have any feedback, please feel free to write to me.

LINKS
OTHERS
Ranking


Facebook
SPONSORED LINKS