読書百冊意自通ズ覚書

本について考えさせられたことの記述及び感想を掲載中。
日々における捕らぬ狸の皮の足跡&呟きも。

CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • #025 十二の遍歴の物語
    K (09/28)
  • #025 十二の遍歴の物語
    Yuko (09/11)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (10/26)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    海音 (06/13)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    k (12/01)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    可恋 (12/01)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (03/27)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    千砂 (03/27)
  • “神がかり”的な― THE DARK KNIGHT
    K (02/25)
  • そうか!だから夏目でにゃんこで先生か!!
    K (02/25)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH


<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Information
[Read Me!] はじめてお越しの方は必ずお読み下さい。
覚書一覧:The Schedule of notes/Update HistoryLinkについて
Last Update: 10/4, 2013
Travel report in New York 2013

最近読んだマンガ・ラノベはFacebookにて。基本オススメ作品です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | - |- | - |
#092 翻訳夜話2 サリンジャー戦記
 イトルの通り、本書は2003年4月に出版された村上訳のサリンジャー著『キャッチャー・イン・ザ・ライ』について語られていて、『キャッチャー』とサリンジャーの事以外については一切書かれていない。『キャッチャー』出版の直前に「泣く泣く巻末から外すことになった」「幻の訳者解説」も収められた本書は、さしずめ『キャッ チャー読本』と言えよう。
 『キャッチャー』の翻訳を手がける中で、村上が感じ、考えた事を、ほとんどあますところなく語っているのではないかという印象だ。本書まるまる一冊分かかる程、村上の中にはサリンジャーと彼の書いた『キャッチャー』について考える事があったのだろう、全体を通して冷静ではありながも──村上春樹という作家はわりと常に理性的だと思う──情熱を持って語っている。話し相手(というより聞き手)の柴田元幸氏もあとがきで「あえていつもとの違いを言うなら、 「僕はこの本をこう訳したい」という核のようなものが、いつもよりはっきり、村上さんのなかにあるような気がした。その核について、存分に語っているの が、この本だ(中略)僕(柴田)も(中略)少しはしゃべっているが、基本的には、熱のこもった語りに聴き惚れていたにすぎない。」(p.246)と書いている。柴田氏はまことに最高の聴き手だったに違いなく、『キャッチャー』について語る時にこのような人がいた事は、村上にとって幸せな事だったと言えるだ ろう。
 そして、このように語り尽くしたい、という衝動を引き起こさせる翻訳作業は、まさに村上にとって“戦記”と言うに相応しいものだったに違いない。

 本書のなかで村上は「世間の多くの読者は、読んだ本が心の中に意味もなくしっかり残っちゃったりすると、不安でしょうがない」(p.34)と言ってお り、それはもちろん村上のなかにもこの『キャッチャー』が「しっかり残っちゃっ」いて、彼は翻訳という作業を通し、その核に迫ったのだろう。それを語ったものが本書であり、柴田氏の言う「核」なのだと思う。
 私もなぜこのように覚書をするのか?6年も続けている中に、ここにひとつの回答を得た気がした。「意味もなくしっかり残っちゃったりする」本について 「不安でしょうがなく」て、何かを見出だそうと、あるいは不安を解消しようとこうして文章を書いているのだ。
 そして、そういう分野については、村上は最高にうまい人の一人だと思う。そこらの文芸評論家では太刀打ちできないほど、彼は研究熱心で、分析も鋭く、論理も明晰で、優秀だ。正直、作家としてより翻訳家・文芸評論家としての方が能力は高いと思われる。
 そんな村上が「存分に語っている」本書は読み応えもあって、本当に面白い。ただし、もちろん村上訳の『キャッチャー』を読んでから読むべき本だ。(じゃないとわからないから)

 『キャッチャー』について自分が読んだ読み方と、訳者の視点からとを色々比較しながら読むと、存分に楽しめると思う。ここであれこれ内容について言うに はあまりにも色々ありすぎるし、それは『キャッチャー』と『サリンジャー戦記』を読んだ人が個々に行えばそれで良い事と思うので、いちいちここで書き記す事は控えるが、このように小説を読んで「心の中に意味もなくしっかり残っちゃった」事について、あれこれ考えたり話しあったりする事は、小説を読む最大の 醍醐味のひとつと言えよう。私たちは本書を通して、情熱的で優秀な読者の語りを擬似体験する事が可能であり、それこそが、本書の最も有効な読み方であると 言えるのかもしれない。

 柴田氏が巻末に書いているホールデン語による解説──"Call Me Holden"も、小説を読んだ後の素敵なオマケのようなものと言えそうだ。柴田氏は英文学者だけれど、もの書きとしてのセンスを持っていることがよくわかるし、だからこそここまで村上の熱い語りについていける、素晴らしい聴き手となることができるのだろう。

 私は本書を通して、物語(小説)を読む事の単純な──シンプルな楽しさ、よろこびを再認識し、また心に残った物語について語るという純粋な楽しみの素晴らしさを感じた。
 それはこの『キャッチャー』のように、ある作家が自らの心を切り開いて精一杯書き上げた作品だからこそ、その極めてシンプルな要求に耐えうるのであり、 「ホールデン・コールフィールド(中略)を主人公にしたきわめて刺激的な長編小説を書き上げたという事実そのものに対して、深く感謝すべ き」(p.218)と私も思う。
February 17th, 2006
 
|K | [Domestic]村上 春樹/柴田 元幸 |comments(0) | trackbacks(0) |
#080 翻訳夜話
『翻訳夜話』はすでに2巻目が出ている本だが、いずれ読みたいなあ…と思っていたので、手にすることができてまず嬉しい。もちろん近いうちに2も読みたい。
 基本的には翻訳をやりたい人(又はしている人)向けの本だったと思う。#1もちろん、翻訳するわけではなくても、興味があったり、翻訳小説をよく読んだりする人であれば興味深く読める内容だろう。このように実際翻訳を──特に小説の、ということになるだろうけれど──している二人の対談を読んで、英語力や日本語力もさることながら、いかにその作品(及び作家)を読み込んでいけるか、深く作品に入り込んでいけるか──という事が最大のポイントなんだということが良くわかった。村上はしきりに「テキストは厳選する」と言っているのはそういう事なのだろう#2。 読んで面白いとか、好きな作家だかとか言うのもちょっと違う。でもこの辺は本好きな人にはむしろ納得…ではないだろうか。それと、村上春樹も柴田氏も、あくまで「テキストに忠実」である事を不文律として「テキストが全て」と言っている(p.72辺り)のは、読み手としては嬉しいことだ。しかしそれだけに、やはり訳者が「どう」テキストを読み込んでいるか──それには正しいとか間違っているとかは存在しない──が本当に重要なのだと言えよう。
 以前、チャンドラーの覚書をした時#3、訳者が違うだけでマーロウが全然違う人に見えると書いたけれど、どうもチャンドラーは──マーロウは──特に差異が顕著らしい。「翻訳を読んでいて困るなあと思うのはやはりチャンドラーですね。(中略)チャンドラーって訳す人によってカラーが全然違うんですよ、清水(俊二)さんの訳と田中さんの訳と。同じマーロウだとは思えないところがある。」(p.231傍点引用者)と村上も言っているし、相当訳者に左右されるらしい。そういう風になると、やっぱりテキスト(原文)を読みたいなあというか、読んでこそ…なんて思ってしまうものだ。『ライ麦畑でつかまえて』も結局、野崎孝訳では読めなかったし#4……ちなみにこのフォーラム2は1999年に行われていて、その当時はまだ版権の問題等で『ライ麦畑でつかまえて』は訳本として村上春樹訳は出せない状況だったよう#5である。(p.94)
続きを読む >>
|K | [Domestic]村上 春樹/柴田 元幸 |comments(0) | trackbacks(0) |
permission
当ブログに含まれる内容、データの無断転載・転用の一切を禁じます。
Please do not use any texts and images on your site without permission.

Number
 

PROFILE
Contact me
webmaster's email address is as follows;
vignettek☆gmail.com

*when you send email, please replace ☆ by @.
*If you have any feedback, please feel free to write to me.

LINKS
OTHERS
Ranking


Facebook
SPONSORED LINKS