読書百冊意自通ズ覚書

本について考えさせられたことの記述及び感想を掲載中。
日々における捕らぬ狸の皮の足跡&呟きも。

CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • #025 十二の遍歴の物語
    K (09/28)
  • #025 十二の遍歴の物語
    Yuko (09/11)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (10/26)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    海音 (06/13)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    k (12/01)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    可恋 (12/01)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (03/27)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    千砂 (03/27)
  • “神がかり”的な― THE DARK KNIGHT
    K (02/25)
  • そうか!だから夏目でにゃんこで先生か!!
    K (02/25)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH


<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Information
[Read Me!] はじめてお越しの方は必ずお読み下さい。
覚書一覧:The Schedule of notes/Update HistoryLinkについて
Last Update: 10/4, 2013
Travel report in New York 2013

最近読んだマンガ・ラノベはFacebookにて。基本オススメ作品です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | - |- | - |
#003 光る源氏の物語
 常に興味深く、面白かった。すごく不思議だなあと思ったのは、源氏が死んでから(光がこの世になくなってから)何かつまらない。この二人の対話がつまらないのではなくて、テクストの内容が変化して、それまでよりつまらなく感じる。これには驚いた。だからテクストのいい「浮舟」なんてところは、宇治十帖でも読んでいて面白い。作品の解釈が対談にダイレクトに反映される、それだけこの二人が素晴しい読み手、語り手であるということでしょう。読み手の質が高いので、透明度の高いガラスのように、克明にその向こう側の物語を伝えることができる。加えてそのガラスの角度によって、ガラスを透さない時には見えなかった『源氏物語』の一面が、パズルを解いて行くみたいに浮き彫りにされてゆくのです。
 それにしても、この対談を読んでいるだけで「幻」「雲隠れ」の巻では、この世界から光の君(光)が消えゆく悲しみ、切なさ、空虚感、を感じる──源氏を死なせたくないとか、死んだらさみしい、という──それがこの物語の、紫式部という、聡明で、鋭敏な女性作者の力量というものなのだろう。
 しかし、誰の訳で読むのが一番いいだろう? 丸谷は大野氏と一緒に訳を出してくれないだろうか……。
 そして絶対a系、b系、c系、d系で読むことでしょう。
July 11th, 2000






|K | [Domestic]大野 晋 |comments(0) | trackbacks(0) |
permission
当ブログに含まれる内容、データの無断転載・転用の一切を禁じます。
Please do not use any texts and images on your site without permission.

Number
 

PROFILE
Contact me
webmaster's email address is as follows;
vignettek☆gmail.com

*when you send email, please replace ☆ by @.
*If you have any feedback, please feel free to write to me.

LINKS
OTHERS
Ranking


Facebook
SPONSORED LINKS