読書百冊意自通ズ覚書

本について考えさせられたことの記述及び感想を掲載中。
日々における捕らぬ狸の皮の足跡&呟きも。

CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • #025 十二の遍歴の物語
    K (09/28)
  • #025 十二の遍歴の物語
    Yuko (09/11)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (10/26)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    海音 (06/13)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    k (12/01)
  • のだめカンタービレ #23 - The Last Lesson
    可恋 (12/01)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    K (03/27)
  • #106 イデアマスター―GLASS HEART:出張覚書編
    千砂 (03/27)
  • “神がかり”的な― THE DARK KNIGHT
    K (02/25)
  • そうか!だから夏目でにゃんこで先生か!!
    K (02/25)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SEARCH


<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Information
[Read Me!] はじめてお越しの方は必ずお読み下さい。
覚書一覧:The Schedule of notes/Update HistoryLinkについて
Last Update: 10/4, 2013
Travel report in New York 2013

最近読んだマンガ・ラノベはFacebookにて。基本オススメ作品です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|スポンサードリンク | - |- | - |
スカイフォールに関する覚書 ―― 過去との決別、新たな00へ
クションは派手さはなく重めだが迫力あり。
テーマが暗い。画面もどんどん暗くなる。
暗く、なにもないボンドの生地で、Mもろとも過去を葬り去る、というのが話の軸だったんだろう。ボンドカーも粉微塵。生家も跡形も残らないほど派手に爆発。
ボンドの生地で、Mが過去に追われて死ぬ。それは時代の終わりを表している。
しかしMは、今までの敵――犯罪が新たな形に取って代わったわけではなく、これから戦わなければならない敵について、最後に明確にして示唆している。

ボンドガールの存在感意味がなさすぎ…
ダニエル・クレイグになってボンドの軽妙さというのは、ほぼ皆無になったよね。と同時にボンドガールの存在意義も、形式的を通り過ぎてお飾りにもならない程度になった印象。
もはや、新しい00シリーズには、ちゃちに見える軽さも、それに付いてくるボンドガールも不要というわけだ。

今回の敵は、目的も手段も理論破綻しているところはなかったし、手段がなかなか見せてくれたので、それはよかった。
ハビエル・バルデム、猟奇的な役似合うよね…あれは上手いってことか。
でも、レクター博士的なキャラクター性が強すぎるかな?というか、レクター博士の登場が、頭脳派の猟奇犯罪者のキャラクターを決定付け過ぎているのだろう。この手のキャラクターがみんな似たり寄ったりになってしまうのは、なにもスカイフォールだけではなく、他のほとんどの作品において同じ現象なのだ。それだけ、レクター博士のインパクトは強烈だったというわけですな。

まーでも、ダニエル・クレイグ扮するボンドは、やっぱり軍人だったな〜 もはや私のイメージのボンド(ショーン・コネリーだけど)ではない。でも時代はそれを求めていない…というより、製作陣が新しいボンドを生み出そうとしているという印象。そして当然、軍人ボンドが好きな人も多いだろう。
個人的には、これならもはや00シリーズじゃなくてよくね〜?という気もするけど。
Qの子がかわいくてよかったわん。
|K | spoor & twitter |comments(0) | trackbacks(0) |
Travel report in New York 2013
 年ぶりの海外旅行に行ってきた。パスポートの期限が切れていたというくらいの久々ぶり。帰りの機内で記録をつけたので、忘備録がわりにアップロードしたいと思う。
 それでは、以下。


Sat. September 21, 2013@ New York
NY一日目。
午後、予定より一時間ほど早く、ジョン・F・ケネディ空港に到着。外は少し曇っているか。晴れ間もある。
現地添乗員に連れられ、大型バスでホテルへ。途中、ヒルトン、ウェスティンなど、高級ホテルに宿泊する客を下ろし、57th StreetにあるHoliday Inn Midtown に到着。
各ホテルに寄る際通った、タイムズスクエア辺りの混み具合といったらない。道が想像以上に狭いからか。
バスから降り立った感想は「NY、臭い」だった。後からわかったが、NYの道は馬車が通るからのようだ。獣の臭いがする。
ホテルは古いが立地はまぁまぁ。
部屋は9階、角のせいかフリーのWiFiの調子がすこぶる悪い。おかげでこちらで会う予定にしていたSさんと連絡が上手く取れない。連絡手段が無計画過ぎたかと反省するも、水を買いに行って戻ると無事連絡が取れる。でもSkypeはできず。メールでやり取りした。
Sさんがホテルに来てくれることになり、ロビーで待ち合わせ。
お腹が空いたとColumbus Circle近くのお店にテキトーに入る。入ってからアジアフードの店だった事が判明したほどテキトーだったが、アタリの店で美味しかった。一反木綿のような麺のパッタイをオーダーした。食べながら、先に上陸してたSさんにNY情報を色々と聞く。
その後、夜のエンパイアに行きたいというSさんに連れられ、エンパイア・ステート・ビルへ。エンパイアは午前2時まで営業しているというから驚きだ。
正面入口に行く途中でなにかを売りたかったらしい案内人に捕まり、途中で放り出されたせいでチケット売り場まで散々迷う。ここでSさん推奨のCity Passを購入。考える時間もなく勢いで買ってしまったが、ここでパスを買わなければ、この後色々回らなかっただろう。
エンパイアは空いていて、スムースに上がる。
外は曇っており、見晴らしが悪く、とんでもなく風が強かった。だから空いているのかもしれない。まぁそれも面白いだろう。
高いところが苦手という同行人の友人Cは、ほとんど外に出なかった。悪い事をした。
翌朝の約束をして、Sさんと別れる。
着いたばかりで、我々にしてはありえないくらいアクティブな半日だった。Sさんがいなければないスケジュールだっただろう。
NYの印象は、意外と道が狭く、ビルが聳えるように立ち並んでいて、ゴミゴミして汚い。という感じ。
疲れもあって夜は爆睡した。

続きを読む >>
|K | spoor & twitter |comments(0) | trackbacks(0) |
10th Anniversary
日、サイト開設10周年を迎えました。
十年一昔と言いますが、一昔も前(!)から始めたことになります。

就職を機に、それまで親しんだ読書の世界から離れてしまわないように、なにか始めよう、とスタートした覚書でした。
覚書をしていくうちに、ほかの人はこの物語をどんなふうに読んでいるのだろう、ということが知りたくなりましたが、書評のサイトはあっても、純粋な「読書感想」のサイトはあまりありませんでした。
それなら、まずは自分の「読書感想」を発信してみよう、と本サイト開設に至りました。
時を経る中に、HPからブログへと形を変えましたが、こんなに長く続けられるとは、我ながら驚きです。

今まで当ブログに足を運んでくださった方、ありがとうございます。
たまたまたどり着いて覗いてくださった方も、ありがとうございます。

更新も頻繁にはできませんが、継続は力なり、書評ではなく、率直な「読書感想文」としての覚書を、これからも一種のライフワークとして続けていきたいと思っております。

10年目の決意表明でした。
10周年記念で、村上春樹特集をしようと計画中デス。
まずは近々更新するぞ〜!
K

|K | spoor & twitter |comments(0) | trackbacks(0) |
#053 ユダヤ人は有史以来 パレスチナ紛争の根源/上下
 ダヤ人について知りたいのでなにかありませんか、と恩師に尋ねたところ、薦められたのが本書と、ルイス・ワース著の" The Ghetto" であった。動機は忘れてしまったが、まとめて読んで知識を身につけようと思ったことは確かだ。
 そもそも学校教育の現場で、中東についてはほとんど教えないーーイスラエルには聖地エルサレムがあるとか、アラブ人は大半がイスラム教徒で、イスラム教とはアッラーを唯一神とし、聖地はメッカにあり、巨大なモスクを建て、ラマダンと呼ばれる断食をすることなどくらいしかーーので、基礎知識というものが全くなかった。
 そんなわけで、後から考えると「パレスチナ紛争とはどういうことか」微塵もわかっていない人間が、いきなりこの本を手に取るのはいささか無謀だったように思う。
 だから、読み始めはすでに既知の事実として語られて説明のない言葉、出来事、ほんの少ししか解説のない事柄の多さに、理解するのが大変難しかった。
 本書自体が専門的な内容(資料など)を多分に含んでおり、もともと難しいものであったはずなので、そこへ基礎知識のない人間が取り組むのだから、結果は言わずもがな、である。
 それでも、著者が何度も同じ主張を繰り返して書いてくれたおかげでーーそれは主張の信憑性を高めるために引用した資料が同じような内容だったせいもあるし、同じような内容の資料がたくさんあることが彼女の主張の裏づけになるからであるがーー徐々に書かれている内容や状況が理解 できるようになってきた。
 そんな状態なので、本当の意味でどれだけこの本を理解できたのか、実にアヤシイものである。しかしこの覚書の本旨に則って、できる限り率直な感想を書くことにする。以下。

続きを読む >>
|K | [Foreign] J. ピーターズ |comments(0) | trackbacks(0) |
#107 半日の客 一夜の友
 人の対談が100回を超えていた(!!)ということが今回わかり、本当に驚いた。対談は何冊も読んでいるし、相当やっているだろうということは考えるまでもないけれど、100回を超えているというのはさすがに脅威の数字だろう。そして真に驚くべきは、回数もさることながら、この回数で保たれている内容のクオリティの高さである。要するに一言で言うと、「何者やあんたたちー!」つうことだ。うむ。
 今回も相変わらずスバらしく高尚な対談が、各テーマで繰り広げられている。すでに感心を通り越して呆れるほどのクオリティだが、その中でちょぴっと安心したこともあった。
続きを読む >>
|K | [Domestic]丸谷 才一/山崎 正和 |comments(0) | trackbacks(0) |
#104 文学全集を立ちあげる
 の人の対談でまずびっくりしたのは、丸谷があまりしゃべっていない、ということだ。
 まぁ丸谷もお年だし、オブザーバーとしてと考えていたのかな、と思うけれど、それにしてもびっくりするくらいしゃべっていない。今までの対談では、だいたい丸谷の様々な知識や見解が展開されていくパターンだったと思うのだけど。
 それは、一つには、丸谷もお年で、若い二人に任せるか、的なところもあったと思われる。そしてもう一つには、この二人の知識量と意見がハンパない。だから丸谷も、自分がわざわざ言わなくても、この二人が言ってくてるから自分は必要なとこだけ突っ込んでおけばいいや、と思っていたのかもしれない。
 そう、とにかく、鹿島・三浦両氏の人間文学辞書とも言えそうな知識がハンパないのである。
 あまりの博識ぶりに#1、如何に本を読んでいないか痛感させられることになった。なぜなら、名前は知ってるけれど読んだことはない、ならまだしも、名前すら見たことも聞いたこともねえ!という作家がいっぱい出てくるのだ。それも外国文学ならまだしも、日本の文学で、である。
 ある程度は知名度はあるだろうが、マイナーなのだろう、と片づけたいところではあるけれど、この対談のコンセプトを思い出すとそうも言っていられない。そもそもこの本、架空の文学全集を作るとしたら、誰の何の作品を選出するか?という主旨の対談本なのである。丸谷が最初に述べているように、いわゆるキャノン#2的なものにしたい、と言っているのだ。ということは、ここで挙げられている作品及び作家は、それなりに知り、読んでおくべきということで……。

続きを読む >>
|K | [Domestic]丸谷 才一 |comments(0) | trackbacks(0) |
permission
当ブログに含まれる内容、データの無断転載・転用の一切を禁じます。
Please do not use any texts and images on your site without permission.

Number
 

PROFILE
Contact me
webmaster's email address is as follows;
vignettek☆gmail.com

*when you send email, please replace ☆ by @.
*If you have any feedback, please feel free to write to me.

LINKS
OTHERS
Ranking


Facebook
SPONSORED LINKS